BayaSanPo

現役社会人趣味ランナーが送る、初心者のためのランニング。時々、日本全国旅行の旅。

ランニング中に何を考えていますか?ランニング中に意識すると良いコト3選

f:id:baya3:20190730234248j:plain

 

皆さんはランニングやウォーキングをする際に何を意識していますか?


ー 速く走りたい
ー とにかく痩せたい


色々かと思います。

しかし、ランニングやウォーキングをしている情景をもう一度、よく思い出してください。


ランニングやウォーキングをしている最中、走ることに精一杯で、意外と何も考えていないと思いませんか?
もちろん、何も考えずに走ることは頭を空っぽにできて、良いリフレッシュにもなります。
それは悪いことではありません。

ただ、毎回頭を空っぽにしてランニングばかりしていると、何も進歩しないのも事実です。
では、ランニングの最中に何に意識を向ければよいのでしょうか?

元陸上部の私が、今までの経験から3つ紹介したいと思います。

この記事でわかること

ランニング中に意識すると良い3つのコト



ランニングのペース

f:id:baya3:20190730234324j:plain

調子がいいときほど意識してほしいのが、ランニングのペースです。
調子がいいと自分が思っているよりもペースがぐんぐん上がってきます。


そのままのペースで、長時間走ることができればいいのですが、大抵は体力が持ちません。

ランニングの効果を最大限得るには止まらないことが重要です。

そのためにも、自分が長く走っていられるペースを意識する必要があります。


ランニングの効果はコチラの記事からご覧ください。

ランニングによって得られる5つの効果


自身の身体状況

f:id:baya3:20190730234346j:plain

人間は体の痛みには敏感ですが、息づかいや疲労には鈍感です。
これらは大抵、息が荒くなってしまった後や、疲労が蓄積した後に、

『しまった』

と気付きます。


ランニング中に息が荒くなり、止まってしまうと、そこからの復帰はなかなか難しいです。
私もそうですが一回止まると、そこからはウォーキングのお散歩状態になってしまいます。


やはり止まらずに走り続けるには、自身の呼吸を意識し、適切に息継ぎをすることが大事です。


疲労に対して意識を向けることは難しいですが、ちょっと足に疲れがたまっているなと感じたら、無理せず休息日としましょう。
疲労が溜まり過ぎると、ちょっとしたことをきっかけに大きな怪我へと繋がります。


疲労から大怪我をした私の体験記はコチラからご覧ください。
離断性骨軟骨炎とは?サッカー小僧の悲劇

運動中の怪我には十分気を付けましょう。


楽しむイメージ

f:id:baya3:20190730234412j:plain

なんといってもランニングを楽しむイメージが重要です。


ランニングの性質上、孤独ですし、淡々こなしていくイメージが強いと思います。
正直に言って続けていく上では辛い部類に入る運動だと思います。


そんなランニングを続けていこうと思うのならば、楽しく走ることが一番です。


人間、感情が与える影響は絶大です。


例えば、よく怒る人が近くにいたら、ちょっと観察してみてください。
おそらくいつも、イライラしており、笑うことはないでしょう。

逆によく笑う人は、いつもニコニコ、激昂することなんてないでしょう。
このように感情は人格をも形成してしまいます。


この感情を上手く利用して、
ランニング = 楽しい
を頭にすりこむと、きっと続けられるでしょう。


まとめ

いかがでしたか? あなたはランニング中に何を考えていますか? もし何も考えていないのなら、それは勿体無いことです。 ほんの少し、頭の隅で意識するだけで、あなたにとって良い効果が得られるでしょう。 次に走るときは、ぜひ意識してみてください。