BayaSanPo

日本全国旅行の旅の紹介、時々雑記。

『レビュー』ナイキ ランニングシューズ Nike Revolution 4

f:id:baya3:20190716232232j:plain

どうも!ばやさんです。

今回は最近購入したランニングシューズのレビューをしたいと思います。
購入したランニングシューズはNIKEから発売されている『Nike Revolution 4』です。
今回は青色を基調としたものにしてみました。
ランニングシューズ単体で見ると派手に見えたのですが、実際に履いてみると雰囲気が変わっていい感じです。



ランニングシューズの特徴

まずはランニングシューズの外見的特徴から機能や効果を説明します。

キーポイント

メッシュ構造

今やほとんどのランニングシューズに採用されているメッシュ構造ですが、『Nike Revolution 4』は一味違います。
通常メッシュになっている部分は靴の前方、靴ひもを通す部分がメッシュ構造になる場合が多いです。
しかし、『Nike Revolution 4』は靴全体がメッシュ構造となっています。

メッシュ構造にすることで、足の熱がランニングシューズに留まることなく、発散されます。
熱がこもることがないため、ランナーは快適なランニングを行えます。
また熱がこもりにくいので、蒸れにくいです。このため、メッシュ構造のランニングシューズは匂いが付きにくいと言えるでしょう。


クッション性

f:id:baya3:20190716233122j:plain

ミッドソールは厚めで柔らかい素材でできています。
よく見るとミッドソールに何層もの溝があります。
この溝が地面に着地した際の衝撃を和らげてくれます。

※ミッドソール
 アウトソール(靴底)とインソール(足が接する部分)の中間にわたるソールを指します
 クッション性はこのミッドソールで決まると言っても過言ではないでしょう。


アウトソール

『Nike Revolution 4』は面白い形をしたアウトソール(靴底)です。
渦を巻いたような楕円形のポッドが足の前方に4か所。後ろに3か所(ブランドマーク含む)あります。
このポッドは平らではなく、若干浮き上がるような形で付いており、ミッドソールと同様に着地時のクッション性を提供しています。

写真撮り忘れました...



ランニングシューズの履き心地は?

f:id:baya3:20190703011817j:plain

実際に私が購入して、2週間履いてみた感想をお伝えします。
ランニングした距離は1回あたり10km、時間としては50~60分でゆったり目です。

フィット感

私はいつも26cmの靴を履いています。
しかし、このランニングシューズは少し小さ目に作られているように感じました。 お店で試着を繰り返した結果、26.5cmを購入しました。
1cmアップの27cmでも大丈夫なくらいです。

POINT

Nike Revolution 4 は普段より0.5~1cmアップがフィット

しかし最適なフィットは人によって違いますので、一度店舗に行って試し履きするのをおすすめします。


ランニングを終えて

実際に10km走った感触ですが、クッション性も十分で全体的に良かったと思います。
初めてランニングをする方や、ランニング初心者の方には最適なランニングシューズではないでしょうか。
しかし、マラソン経験者やランニングのベテランになると、物足りたいな感じがあるかと思います。
スピードを出すには向いておらず、ゆっくりジョギングをされる方にはぴったり だと思います。


まとめ

NIKEから発売されているランニングシューズ『Nike Revolution 4』の特徴とランニングをした後のレビューを紹介しました。

総評としては、ランニング初心者の方には最適なランニングシューズであると感じました。
また店舗の店員さんとお話しさせていただいたところ、今、最も売れているランニングシューズのメーカーはNIKEだそうです。
店舗とネットショップで見たところ、ランニング時だけではなく、普段履きできるようなカジュアルなデザインもあり、選ぶのが非常に楽しかったです。

この記事を読んで、興味が出た方はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。