BayaSanPo

現役社会人趣味ランナーが送る、初心者のためのランニング。時々、日本全国旅行の旅。

ロフト付き物件はおすすめ?メリット・デメリット

f:id:baya3:20190731230937j:plain

 

皆さんはロフト付きのアパートやマンションにどのようなイメージを持たれていますか?
良いイメージも悪いイメージもあるかと思います。


そんなロフト付き物件ですが、私自身も2回住んだことがあります。
今回はその時の体験を踏まえて、ロフト付き物件を選ぶことのメリット・デメリットを紹介します。


この記事でわかること

・ロフト付き物件とは
・ロフト付き物件のメリット3つ
・ロフト付き物件のデメリット3つ



ロフト付き物件とは

f:id:baya3:20190731231019j:plain

ロフトとは屋根裏部屋のことを指します。
元々の意味としては屋根裏の余ったスペースを倉庫の代わりに使ったことが始まりだそうです。
その屋根裏のスペースを住居用にアレンジしたものが、今のロフト付き物件と呼ばれるものです。

住宅でのロフトは通常の物件よりも部屋全体の天井を高くし、部屋の一部を2層構造にした上の部分に当たります。


ロフトのメリット

ベッドがなくても安心

ロフトで寝る場合は、ベッドが必要ありません。
初めての引越ですと、洗濯機や冷蔵庫と、色々と物要りになります。
少しでも費用を押さえたい方は、ロフトに布団をひいて寝るのもアリですね。


収納に困らない

ロフトを寝るスペースに使わずに収納スペースにしてしまうパターンです。
今は使ってないけど、また使うかもしれない。だから捨てられない。なんて物もロフトに置いておけば解決です。
極端に収納がない物件も中にはあります。
そんなときにロフトは丁度良い収納スペースに早変わりするでしょう。


部屋が広い

ロフトがある物件の特徴として、天井が通常よりも高いことが挙げられます。
天井が高いと広々と感じるのが人間の心理です。
このため、面積が同じ物件でもロフト付きの方が広く感じます。

また、家具をロータイプの物で揃えるとさらに広く感じることができるので、部屋を広く見せたい方にはおすすめです。



ロフトのデメリット

地獄の夏

ロフトで寝る方は夏場に注意です。
ロフトは高い位置にあるため、暑い空気が溜まりやすいです。
例え、クーラーをかけたとしても、冷たい空気はロフトよりも下に流れ、代わりに暑い空気が上に昇ってきます。

このため、夏場のロフトは想像を絶するほどの暑さとなるでしょう。


ロフトの天井は低い

特に背が高い方はロフトでの生活に注意が必要です。

ロフトがあることで、部屋全体は広く感じますが、ロフトから天井までは近いです。
背が高い方にありがちなのが、朝起きて頭を打ってしまうことです。
また、ロフト上での移動が全て屈んだ状態となります。

このため、背が高い方はロフトでの生活が窮屈に感じてしまうことでしょう。


掃除しにくい

基本的に、掃除機は使えないでしょう。
ダイソンの小さいハンディタイプなら大丈夫かもしれませんが。

高い位置にあるロフトを掃除するには、雑巾で拭くのが一番です。
一人暮らしで部屋が狭く、掃除機を持ってない、全て雑巾で掃除する方にとっては、なんの問題もないかもしれません。
しかし、既に掃除機を持っている方は別途ロフトの掃除をしなければならないため、非常に面倒に感じることでしょう。



まとめ

いかがでしたか?
私の実体験を踏まえたリアルな声をお届けしました。
少しデメリットもありますが、ロフトを上手く使うことで、生活が豊かになることも確かです。


今、引越を考えられている方、この先引越す方はぜひ、ロフト付き物件も候補に加えてみてはいかがでしょうか?